2013年09月16日

Production privee shan

  P1000461.JPGP1000462.JPG

くろもりはーどてーる組みました!
インプレとか適当に


スペック表
Frame:Production privee shan 2013 size:M
Head-set:production privee 
Fork:Fox Racing Shox 2012 32 TALAS 150 FIT RLC
Handle bar:Production privee LGTB 780mm
Stem:Nukeproof ZERO stem 2013 50mm/OS
Grip:ODI X-Trainer
Brake systems:Shimano Zee M640 w/Hayes disc roter Mud-cutter
Shifter:Shimano Zee M640
Crank-set:Shimano Zee M640 32t 170mm
BB:Production privee BB92
Chain-device:E13 SRS+ chain guide
Chain:shimano cheapest 10s
Pedal:kona
Rear Derailer:Shimano Zee M640-FR
Front rim:Nukeproof Generator AM rim
Front hub:Nukeproof Generator hub 15mmTA
Rear rim:Nukeproof Generator AM rim
Rear hub:Nukeproof Generator hub QR w/ BBB BQR-03
Spokes:DT champion 2.0 w/brass nipple
Tires:Maxxis Advantage Folding 26×2.1
Seat post:SDG I-beam Micro Layback 2014
Seat:SDG Formula FX 2011


インプレ
クロモリフレームのAMバイク、shanです。
変なの買ったんだからインプレしろと各方面からの強烈なプレッシャーを受け必死にキーを叩いています…。

CG、セドリック・グラシアが製品開発担当だそうで(!)
乗り味は柔らかいというよりはしなやかといった感じで路面のギャップを角取ってやさしく伝えてくれます。
かといって反応が鈍いかというわけでもなく、ショートストロークのXCとかとも違って何だか不思議なフィーリング…  
鉄のフレームって独特なんですね。クロモリフリークがいるのも納得。
ちょいサスが入ったみたいな感じがダートの上で走るとすっごい生きてきて楽しい!
リアは柔らかくてもフロントまわりはしっかりしてるおかげで下りでも安心感があって割と思い切って突っ込めちゃったりします。
フロントアップしようと思えばきちんと反応してくれるし、マニュアルだって(サドル邪魔だけど)何とか
木の根などに軽くフロントアップ気味のフロントタイヤをブチ当てて軽くリアを引き上げてやればバニー的なアレでフロー感すごい。
これであなたも気分はCGで下山後のビールの味は格別間違いなし!
走行中に色々やってみようと思えるってことはそれだけ懐が深いのかもね。


CG大好き!とか クロモリ興味ある!って方は連絡いただければ試乗可です。つーかどんどん乗ってみてください。 
フレームは県内のショップで取扱可能です。


フレーム雑談
フレームは日本製の4130パイプを使ってます。 4130というのはパイプの米国規格(AISI)だそうで、日本だとSCM430相当だとか。
対応表見てると各国呼び方違ってて混乱します…。 まぁ自転車で4130以外はなかなかお目にかからないし、設計する側でもないので悩む必要はないのかもですけどw
フレーム単体重量は2.7kg程度と軽量とはとても言いがたいですけど、BBはBB92規格のプレスフィット、そしてヘッドはテーパードなので、他のクロモリ勢に比べればちょっとは軽いです。ほんのちょっとですけど。
造形のほうはテーパードヘッドチューブ採用するだけあって、リアバックに潰しが縦横入ってて凝ってます。 リアのしなやかさと応答性のバランスとか取ってるんですかね。 リアエンドはまるっと交換することが出来て(STD:135/10mm OP:135/12mmTA 135mmSS)の3つから好きなの選べます。痒いところに手が届く親切設計です。 まぁ一体型なだけあって、本国からの直販でもSS用は60ユーロ(8000円弱)、12mmTA用は65ユーロ(9000円弱)と結構イイお値段します。(2013年9月17日時点) 
シートピラー径は30.9と今、流行のDOSSなどにも対応可能と結構堅実な造り。 沖縄は起伏が激しいトレイルが多いので武器になるかも?
あとフレーム内部に防錆コートされてるのはすごくいい。 MTBは晴れでもトレイル内は泥とかどーしてもありますからね。 割と雑に扱っても中は錆びてませんでした。 代わりにベアリングが錆びてた…。 (目止めのグリスは忘れずに)
ヘッドにメーカーロゴをあしらった穴が開いてるんですけど、こいつの処理が雑で裏からステンメッシュ張ってるだけw
たまにはヘッドバラして掃除した方が良さそう。



フォーク雑談(Wecome to the world of high perfoumanve "stuff")
Fox racing shoxが入ってますけど、最初からこれ選んだのではなく消去法でこれが残った感じ。
Shanの要求する150-160mmストロークでテーパードは予算内のものがあまりなく、型落ちセールされてたものを拾ってきました。
テーパードでなければそれなりにあったんですけど、せっかくなら…ね!  もちろんオプションの下玉押しつければ1-1/8もいけちゃいます。
Foxが消去法…でとなった理由はメンテサイクルです。 Foxはびーーっくりするほどメンテナンスサイクルが短い!。  マニュアル遵守なら30時間毎にオイル交換です(!!) 沖縄にはFoxの正規販売店を謡うところは知る限り無いため、購入元の県外のショップを経由してメンテ依頼をしなければなりません。 通常の工賃(別途消耗品代)+往復送料にプラスしてして沖縄内地間のめっちょお高い往復送料がかかるワケ(吐血
2~3回メンテ出したら適当なフォーク買えるくらいの額になる可能性高い。 沖縄県民にとってそれほどまでに"送料"の壁はデカい。
某オークションで関東650円 沖縄3680円+ハンドリングチャージという仕打ちにもめげずに入札をポチッとしちゃいますよ!訓練されてますから
某アマゾン()で関東送料無料 沖縄4400円(商品代は1280円)とかあったなぁ… 決済確認画面見て、マウス握り潰しちゃうところでした(テヘペロ

脱線しましたね…
オイルは指定の使わないと保証対象外がどーのこーの 特定部分は開けたらダメだのいろいろ制約も多くて面倒くさい。
あまりにdisり散らかしてると油揚げが超高速で飛んできそう…。 

というわけでFoxは論外、脱落…だったのですが他にあまりにもマッチするものがなくて、再考することに。
購入決め手になったのはFITカートリッジのオイル交換がユーザーでも可能になったこと。そしてオイルにシールやパッキン類が国内でも購入出来るようになったこと。(しかも良心的価格) DIY出来るなら送料とか考えなくてもいいですしおすし!
しかたねーなー 型落ちで半値になったコイツに頑張ってもらうかーと取り付けて乗ったら色々ぶっとびました。
まずフォークの動き! 超動く ウルトラスムーズ なんかめっちゃ悔しいけどすごく動くし動いて欲しくないところでは動かない不思議!
めっちゃ軽いのにこれだけしっかり仕事するなんて、はぁ さすがメンテナンスサイクルが短いだけありますわーと

というわけで?
Foxのオイル(赤、緑) 32用SKF低フリクションシール クラッシュワッシャ FITカートリッジ用オイルチェンジツールなど予備パーツを揃えてあります。
県内在住でうっかり狐足を買ってしまったけどメンテしたい… メンテしたくなっちゃったって方は連絡ください。
ツールなどはお貸ししますし、沖縄みたいな端の端の端相手でも割と安価な送料でパーツ送ってくれるショップなども紹介しますのでゼヒ
大きいドロップシッピングなところより、個人零細の方が送料安いとかマジ謎なんだけど(ボソッ

今日はこのあたりで勘弁してください。
posted by okinawanbiker at 23:48| Comment(1) | 自転車関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ようやくUPしたなw
バイクスペック乙です。またトレイル行きたいが仕事が終わらないとね^^;
Posted by しん5 at 2013年09月22日 14:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: